顧客と従業員の行動に動的に適応

ITyXソリューションは、コンテンツの配信を学習し、関連するコンテンツデータを記録します。 このようにして、トランザクション処理が技術化されます。ソフトウェアは、繰り返し記述可能なプロセスを自動的に識別する。 プロセスのルールとプロセスは、もはや手動で作成され、維持されません。 エージェントは、複雑なケースに対しては個々のサービスに専念することができます。

Facts

  • ソートと追加の処理がシステムを鍛える(自己適応型ソフトウェア)
  • 選択したスペシャリストのアクションは、AIプラットフォームのナレッジベースに動的に含まれています
  • 一連のルールが不要になり、ケース管理がアジャイルになり、処理がより迅速かつ手頃な価格で完了します。

Services

  • 自己適応的なメタ分類手法
  • 自己適応(特殊データ)抽出法
  • 低管理情報物流
  • 低下するコスト
  • より迅速なプロセス処理

ITyXのソリューションは研究と科学の成果です

ITyXは、コブレンツ大学のコンピューター言語学部の卒業生によって1996年に設立されました。 ITyX製品ファミリーのコンタクトセンターソフトウェアソリューションは、科学環境におけるさまざまなリサーチプロジェクトの結果です。 ITyXソリューションは、セマンティックコンテンツ分析とAI(人工知能)の最新の方法に基づいた自己適応型の方法を使用します。 テキストは、その構造、構成、およびソースとは無関係に分析および解釈することができます。 これらの方法は、あらゆる言語の情報を分析および処理することを可能にします。